Skip to content

お金が溜まらない!?

Pocket

お金が貯まらない原因は貯め方より使い方にあります。適切な使い方ができないのはなぜでしょうか。

自分をコントロールできない

人が生きていく上で不可欠なものはわずかですが、欲しいと思うものは際限なくあります。お金が貯まらない人は「欲しいものは我慢せずに買う」という思考があり、自分の欲求をコントロールできません。お金が貯まる人は必要なものと欲しいものの線引きができているので、たとえ欲しいと思っても安易にお金を使いません。自分をコントロールする方法は、「これは本当に必要なものだろうか。1年後にはもう使っていないということにならないだろうか。購入したら返済に追われストレスを抱えることにならないだろうか」と冷静になって自問してみることです。また、ネット上であれ地下鉄の車内であれ現代社会には広告があふれているため、私たちは絶えず購買意欲をかき立てられる環境にいます。毎日多くの広告を目にすると、実際には不必要なものが必要なものに思えてくることがあります。ネットサーフィンをしたり、通販サイトを頻繁に見たりショッピングモールに頻繁に出かけたりしていると、自分をコントロールするのが難しくなります。必要以上にそうした環境に身を置かないのが自分をコントロールするためには重要です。

お金を浪費している

お金が貯まる人は有意義な目的のために使いますが、お金が貯まらない人は浪費します。浪費とは意義や生産性のないもののためにお金を使うことです。ギャンブルやタバコ、不必要なぜいたく品にお金をかけるのは浪費と言えます。タバコを例にとると1箱400円のタバコを毎日1箱吸えば30日で12,000円になり1年間なら14万円を超える金額になります。しかも、喫煙が健康を損なうのは周知の事実で、喫煙のために病気にかかれば医療費も支払うことになります。ぜいたく品も同様で、自分の収入に見合わない、ブランドの服や高級車の購入は浪費と言えます。特に車はガソリン代だけでなく、自賠責保険料、任意保険料、車検代、自動車税、重量税、駐車料金、修理費用などの維持費がかかります。週末しか乗らない車のために年間数十万円ものお金を費やすのは賢明ではありません。お金を貯められる人は、極端な節約主義者ではありませんが、浪費をしないで、有意義な目的のためにお金を使います。たとえば、書籍を購入して実際的な知識を取り入れたり、セミナーに出席したり、資格取得などに用います。このような有意義な自己投資をしていれば、将来、取得した資格や知識を使ってお金を得ることができ、貯蓄につなげていくことができます。お金がなかなか貯まらないと感じている人は、自分のお金の使い方について、再吟味する必要があります。

支出を気に留めない

お金を貯めるには収入よりも支出を少なくしなければなりません。ところが、お金が貯まらない人は、収入はわかっていても支出がどの程度かを把握していません。財布の中を見るとレシートが溜まっていたり、クレジットカードやポイントカードでいっぱいになっています。これは、お金をきちんと管理していない人の特徴です。自分がいくら使ったかを意識しないため、いつの間にか支出が収入を超えてしまいます。自動販売機で何気なく買っている缶コーヒーやジュースに1ヶ月3~4,000円使っている人もいます。ジュース1本の値段は安いので買う時には、あまり気に留めません。お金を貯められる人は、支出が収入を超えないように毎月予算を立て、予算の範囲内で生活するようにします。また、支出を毎日小まめに記録しているので、現時点で使えるお金がいくらあるのかを常に把握しています。この「書く」という行為はお金を貯められる人の共通した行動です。ジュースや缶コーヒーを買ったお金も、記録につけてみて初めて使い過ぎているということを認識できるのです。「書く」ことは非常に重要で、これがお金を貯めるための第一歩になります。